読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よんまんじ

 

いい機会だからいまの私の気持ちも残しておこうと思って。

 私の中でNEWSは大きく3つにわかれてて、ひとつが9,8,7人。もうひとつが6人。最後が4人。7から6はカウコンでどーんと出た時にわりと別物としてすとんと入ってきた気がする。色んな可能性を願うのをやめられたのはたぶん24 hてれびのときだけど。でも6から4については、すとんとなったのはアルバムNEWSを出してまわったツアー初日の秩父宮での増田くんの挨拶。と言いつつ何言ったとかは曖昧にしか覚えてなくて調べたんだけど(笑)「今日がほんとの顔見せというか、始まったのかな」って聞いてすごく納得したというか、ああ、ほんとだって思ったの。6人へのこだわりも未練もまだまだあって、6人から4人になったNEWSっていう気持ちがどうしても残ってたんだけど、アルバム出すあたりからそういえば4人が当たり前になってたかもしれないなって気付いて。ほんと2人の脱退から今まで私にとって増田くんは、同じだって思わせてくれて、ほっとできることばをくれたひとだから、そこに救われたり支えられたり。それに加えてこのひとについていったら大丈夫だとも思わせてくれたり。だからここまでついてきたし、これからもついていくんだろうなぁ。

 

慶ちゃんのNEWSが好きって気持ちがいつもいちばん涙腺を崩壊させようとするんだけど、それくらい好きだって気持ちが言葉からも普段の慶ちゃんからも伝わってくるからなんだろうなと思ってる。NEWSが4人で続けられたのって慶ちゃんが動いてくれたことがすごく大きいなってずっと思ってて、慶ちゃんが諦めてたらなくなってたかもしれないって思うから、そんなことになったら悲しいとかの次元じゃなくて、そんなこと想像も出来ないけど

僕はリーダーだけど、先頭を走るタイプだとは思ってない。たぶんいちばん後ろを走って、3人が進む方向を間違えたときだけ"違うよ!!"って言うタイプだと思ってる。

そのときの慶ちゃんの行動が、迷ってる3人に違うよ、こっちだよって導いてくれた部分もあるんじゃないかなぁ。NEWSでいて幸せそうに笑ってる慶ちゃんを見られるのがいちばん嬉しいから、彼氏に鳥かごの中に入れときたいとか言われたら一目散に逃げるけど、NEWSのためなら入れるよ(笑)

シゲはほんとに変わったよね。てごちゃんと同い年の最年少だなんて思わせない落ち着きぶりに加えて、やっぱり最年少だねって思える瞬間が増えたのが見ててほんと微笑ましい。

でも、それを6人でもできたと思うんです。結果論かもしれないけど。今がいいから、あれが最善だったとは、僕はいまだに思えなくて。もちろん6人に戻ることはない。でも、あのとき、ギクシャクしてでも乗り越えていたら、最強だったのかなって。なんか、思うんですよね

これ、私もふと思うことあるんだよね。もちろん今になってじゃあ6人に戻りますなんて言われても納得しないけど、シゲが小説出して、慶ちゃんがevery.の帯やって、てごちゃんがW杯のメインキャスターやって、増田くんがいっぷくやったり舞台やったり、そこに2人もいたら…って考えたりするけど、でもどれも4人になって変わったからこそもらえた仕事でもあったりするのかなぁとも思ったりして。なんか自分でもよくわかんないけど、やっぱり多少の未練は今でもなくならないのかな。だからシゲがそんな風に思ってると思うとちょっと安心するのかも。シゲがNEWSにいてほんとによかったなぁって思う。自分に向けられた大好きに、素直に喜ぶシゲを見てるのが幸せだよ。

そしてこやしげはほんとに出会うべくして出会ったソウルメイトなんだなって。ほんとにずーっと一緒にいて、いろんな気持ち共有して、他の人が入り込む隙間なんてないんだなっていつも何気ないところで(けーちゃんにゅーすとか)思い知らされるから、ほんといつまでも2人で一緒にいたらそれだけで安心だよ。

増田くんはね、ほんとに最初にも書いたけど救われたり支えられたりしたところがすごく多いんだよね。

俺が思ってるよりもっともっと大切に聴いてくれてる人がたくさんいるわけで。聴いてくれる人それぞれにいちばん好きな曲があって、そんなふうに聴いてくれてる曲をもう聴けない曲にしてしまうっていうのはすごい悔しい。

これはぽぽろのだけど、ほんとにその通りで、大好きで聴いてた曲が聴けない曲になるって想像も出来ないんだよね。だから守ろうと行動してくれたことがすごく嬉しい。増田くん自分でも言ってるけど、NEWSのメンバーでありファンでもあるんだよね。だからこそ見えるものとかあるんだろうな。

前だけ向いて、全力で走ってきた4人に、"いろいろあったけど、それを乗り越えてがんばってます"みたいな物語、まったくいらないんですよ

これちょっとびっくりだったな。てごちゃんの相方やってるだけある(関係ないかもしれないけど)なかなか強気。今となってはメンバーが抜けたとか関係なく、4人で届けてくれるものにわくわくしてNEWSおもしろいなって思うけどね。最初からそうは思ってなかったなぁ。きっと増田くんのアイドル像としては、努力は見せる必要なんてなくて、きらきらして夢を届けるのが使命というか、やるべきこと、見せたいものだったんだろうな。そういうとこてごちゃんと似てる。見せたいものと言えば、増田くんにシゲがいてくれることってすごくプラスだと思う。

言葉が貧しいって言うとなんかちょっと違うニュアンスが入ってきちゃう気がするけど、増田くんってほんとにやりたいことのイメージがいっぱいあって誰も思いつかないようなものだったりするんだけど、いかんせんそれを伝えるだけの語彙力がないからきっと普通は伝わらないんだよね。そこをなんとなくでもわかってくれたりわかろうとしてくれて、シゲの言葉で伝えてくれてるからこそ増田くんのイメージが形になってることもたくさんあるんだろうと思うから、シゲにはずっと増田くんの翻訳者でいてほしいな。

増田くんもでも4人になってだいぶ変わったよね。シゲが変わったのとはちょっと違うと思ってるけど。6人のNEWSが大好きだった分、抜けた2人の分のバランスを保つためというか、、たまにLIVE!とか見返すと増田くんの"まっすー"感にちょっとびっくりしたりする。今もグループのマスコット的な部分はあるけど、全然もっとっもっとマスコット。26歳から大人になるって26歳をすごく大きなものにしてて、そこがきっかけっていうのもあるかもしれないけど男っぽさを出すようになったというか隠さなくなったというか。ぶらじゃーって言うとかバンビーナの台詞とかじゃなくてね。うまく説明できないけど。前より素を出すようになっただけなのか、でもそれも全部計算で、バランス考えてなのか、っていろいろ考えちゃうから増田貴久ってほんと不思議な人だよねぇ。(´・ш・)「もっと素を出していこうかなって言ってた」きっといろいろ考えてるんだよね。素だろうとキャラだろうとどっちにしても好きなので、これからもずっと見てたいなぁと思います。現状維持のむずかしさもわかってるつもりだから、「すごいね、かっこいいね、かわいいね」って褒めて褒めて、ゆっくりでも歩き続けていられたらいいな。

てごちゃんってほんと強気だよね。(๑`▽´๑)「今まで出会ったひとの中でいちばん強気」ってほんとその通り。だからといってもともとそんな超人みたいなポジティブだったわけじゃなくて、それこそ4人になるときに覚悟決めて、自分の弱い脆い部分に重たい蓋したんだろうなと思う。

2014年いってきゅカレンダーのとき。努力も涙も見せないだけで、ほんとは笑い飛ばすために強気でいるために必死なてごちゃんだって当たり前にいる。4人になってからほんとにてごちゃんがいちばん矢面に立っていろんなものぶつけられてきてると思うけど、それでも倒れずに立っていてくれてるのはてごちゃんの強さと覚悟はもちろん、不安定な部分をわかって支えててくれる3人と周りのひとたちがいるからなんだろうな。だからてごちゃんには大好きな人たちに囲まれてずっとずっと笑っててほしいっていつも思ってる。あの幸せいっぱいの笑顔が見れるならいくらでもゆうやーー!って呼ぶよ。腕が取れるくらいぶんぶん手振るよ。じょしこーせーの制服は着ないけども。心配になるくらい強くいるてごちゃんに何の心配もなくついていくからね(っていうふりしといて、泣きたくなった時のバスタオルは背中にいつも常備してるし、そんなてごちゃんが安心できる場所をつくれるようなファンでいたいと思ってるよ)

今年のツアー中かな、突然私はてごますが好きだって自覚したのでここに書いておく(笑)こやますが好きとかしげてごがすきとかいろいろあるけど、私は特にこのコンビが!っていうのがなくて、○○ますならどれでも、みたいな感じだったんだけど、私はNEWSの中でてごますが好きです。どこが、とか説明できないけどでも好きってそういうもんでしょ(*`∀´*)

どうなんすかねえ。でも、うん。ずっといっしょに歌ってるんじゃないですか

 

四六時中いっしょにいたいとは思わないけど、"早くいっしょに仕事したいな"って思うかな

 似てない、真逆だって言うふたりだけど、お互い影響されてたり、なんとなく似てる部分も増えてるよねってこっそり思ってるよ。2人にしかわからないこと、2人だからわかりあえることがあると思うし、泣きながら話し合えてたってお互いがそんな風に話し合える存在であることだけでも安心するよ。ずっといっしょに歌っててね。

2人に対しての気持ちはね、特に何かあるというわけでもなく、他のグループのひとたちよりはちょっと気にして見るくらいかなあ最近は。NEWSがほんとにいろんなところに出るようになってチェックするものが増えて、わりとNEWSでいっぱいいっぱいだけど(笑)それでもやっぱり好きなことに変わりはないから、見たい!と思うようなことをやっててくれたら嬉しいなぁ。やまぴーのステージも好きなのでまた行きたいなぁと思ってます。亮ちゃんは演技のお仕事がたくさん来るといいなぁと思ってます。なんかね、シゲのとこで言ったのと矛盾するけど、ああ、NEWSって6人だったんだなぁって不思議に思うことがたまにある。ときどき流れてくるもしNEWSが9人のままだったらって今の9人を並べた画像見てすごいな、、って思う感覚に似てるかも。それくらい私の中では4人が普通になってるのかも。

10周年あたりのぽぽろでの連載で何人かが、6人のNEWSがもやもやしてる時期に、それに気付きつつも話す機会をつくるわけでもなくうやむやなままにしちゃったって言ってて、それが決定打ではないにしても火種にはなってると思うから、今回のツアーの最終リハのあとになかば無理矢理でも4人でごはん行っていろんなこと話したのって大事なことで(今のNEWSがもやもやしてるとかじゃなくてね)、NEWSが変わった部分なのかなって、よかったなって思う。頻繁にじゃなくていいから、年に1回でもいいから、くだらないボーイズトークでもいいから、そうやって4人で話す機会はあり続けるといいなと思っております。

私が6人のNEWSに多少の未練が残ってるのって、(主に年齢の問題と地方の壁によって)我慢したことが多かったからかもしれないと思ってて、結果的に6人最後のコンサートも、来年は大学生できっと関東にいるから、そしたらいっぱい行くからってわりと軽率に行くことを諦めたの。ほんっとに後悔したけど、数年後NEWSが見せてくれた東京ドームの景色は感動だったし、あのとき見れなかったさくらガールを4人が見せてくれたし、LIVE!に限らず6人のNEWSで諦めたこと我慢したことを4人のNEWSにたくさん見せてもらって、いつのまにか4が6を越えてたのかもしれないなぁと最近思ったり。さくらはつくれなくなっちゃったけど、あっちでもこっちでもそっちでもつくってくれたハートを見れたことが、今の私にとっていちばんのしあわせだよ。

f:id:msns:20150724160039j:plain